こんにちは。
YouTubeマーケティング専門家の石割俊一郎です。

本日は【スキップされない動画広告】
についてお伝えします。


インストリーム動画広告

博報堂DYMが行った調査で、
TVCMと組み合わせて出稿することで
ターゲットリーチ効率が向上する
という結果が出た「インストリーム動画広告」。

「インストリーム動画広告って何?」
と思われた方もいるかもしれませんが、
YouTubeを観たことがある方はきっと経験があります。

動画の再生ボタンをクリックした途端、
始まる企業広告ありますよね。
そう、あれです。

インストリーム動広告(プレロール広告)は
動画視聴前に配信されるタイプで、
視聴ユーザーはスキップできる動画広告であれば、
開始5秒後以降いつでも広告をスキップすることができます。


エンゲージメント率が高いのは最初の5秒間

YouTubeは2012年に
スキップできない広告を見た人と、
スキップできる広告を見た人の
生体反応を比べるインストリーム動広告実験を行いました。

その結果、どちらの動画広告でも
まずは「最初の5秒間」でエンゲージメント率が
高くなっていることが判明
しました。

このことから
Google Industry ManagerのNikolay氏は
次のように述べています。

動画広告を流す際には、
最初の5秒間を戦略的に考える必要がある

今回はこの最初の5秒間をうまく活用し、
ユーザーにスキップをさせないよう
工夫された事例動画を2本ご紹介します。


5秒以内に違和感を生み出し、興味を惹きつける

こちらは世界的有名企業
asics(アシックス)の動画です。

動画広告が始まるとすぐに、
「PASTA TEST(パスタ テスト)」と文字が表示され、
鍋を持った男性が背景に登場します。

しかし、前面に映し出されているのは
スニーカーのため、視聴者は「?」となります。

文字と映像の違和感
視聴者の興味を惹きつけているんですね。

最後は、男性が茹であがったパスタを
スニーカーの中に入れると、
ドライメッシュ素材からお湯だけが流れ出て
パスタテストは終了。

短時間で「スニーカーの通気性の良さ」を
アピールしているおもしろい動画ですよね。


5秒ごとに視聴者に話しかけ、興味を惹きつけ続ける

こちらはドラッグストア「Superdrug」の動画です。

冒頭の3秒間でいきなりセール情報を読み上げて、
「以上よ!」というシーンから始まります。

そして、その後も女性が5秒ごとに
セール情報を読み上げます。

この動画の面白いところは

もうスキップしてもいいわよ!あ~ちょっと待って!もう一つお得情報が!」

今度こそスキップしていいわよ!うん?何を待っているの?もっとセール情報が欲しいのね!」

視聴者に話しかけることで
興味を持たせ続け、自発的な視聴を
促している
ところです。


アシックスのような実験動画は
時には作るのが難しいかもしれませんが、

Superdrugのように視聴者に話しかける動画なら
取り組みやすいのではないでしょうか?

最初の5秒に全力を尽くしてくださいね。

参考資料)movie-times